auの”交換用携帯電話機お届けサービス”を利用してみた

※占いでもない「どーでもいいこと」です。

最近ついにやってしまいました。そう、それは…。
携帯のバッテリーが切れてすぐに0%になる状態となってしまったのです。せっかく充電してさぁ使おうと思っていたら…。
電源入れてまず画面を見ると90%(もうこの時点でおかしい)で1分も経たずして75%にそして「充電してください」という文字とともに画面が暗くなる…。何故だ
騙し騙し使っていたら、もう”携帯できない”携帯電話になってしまっていたのである。
かと言ってこの携帯を使ってだいぶ慣れてまだ使いたい…。(新機種に変更しても覚えるのが大変)

最初、修理をお願いしようと携帯ショップに行きました。機種によっては部品の製造が終了していて修理が出来ない可能性があったため聞こうと思いました。すると…。すっかり忘れていました。そう「修理をするということは代替品で1~2週間程度過ごす」そして「前の携帯のデータは初期状態つまりはデータ全消し」になることを…。それは困る。
そこで店員さん(内田理央さん似の美人さんでした。)に新品交換を勧められました。
新品交換とは。

交換用携帯電話機お届けサービス
万が一、故障トラブルに遭われた場合に交換用携帯電話機をお届けします。

というもの。依頼したらその翌日に届きました!!しかも同一機種で同一色!!
料金はかかりますが、今回はポイントを使ってタダでしたー。液晶画面も保護フィルムも貼ってあり、すぐ使えるという…。



かといってすぐに使えるかと言ったら使えません。ざっくり書くと…。

  1. まず新品を充電。(「十分に充電してません」的なことがシールで貼ってありました。)
  2. そして前の携帯のデータをauのアプリにある”データお預かり”でデータを預かってもらう(SDカードでも可)
  3. auICカードを新品の携帯へ差し込む。(新品の携帯には基本、ICカードが入っていません。)
  4. 新品の携帯の初期設定(Wi-FiGoogle、メールの設定など。データお預かりで預かったものを戻すのもここで行う。)このときに痛感したことがあります。それはこの記事の最後に書きます。
  5. 前携帯電話のデータを全消しする。(オールリセット)
  6. 前携帯電話を返送する。(14日以内に。)これを守らないと、違約金が発生し40,000円かかる…。高いね。

結局、データを全消ししないといけないので意味がなさそうですが。この機種が良いの!!って方はやってみてもいいかもしれません。(ちゃんと手順が書いてある本があるので安心です。)



最後に言いたいこと。それは、
パスワードは大事と言うこと。
私自身忘れていたので冷や汗をかきました。(パスワードはちゃんと覚えた方が楽です)

おわり。