過去、冥王星水瓶座時代に何があったのか?

2023年には冥王星水瓶座に入ります。
もう、その気配を感じることが出来るはずです。(何となくですが…。例えばリモートワークや電子決済の活躍とか。)
でも、もっと変化していくような気がします。



ふと思いました。今まで過去にも冥王星水瓶座へ入っていたはず、過去に何があったのか?軽く調べてみました。



周期としては約248年かけて軌道を一周します。冥王星が1つの星座に約12年から長くて30年以上滞在します。(逆行*1含め)


1288年頃~1307年頃まで

特に大きな出来事は無かったみたいです…。(調べきれていないだけだと思いますが)

1533年頃~1552年頃まで
1779年頃~1798年頃まで

特徴としては今まで当たり前だった「常識」や「階級」が崩壊する(ぶち壊される)ことが多かったみたいです。
地動説*2に至っては今まで天動説*3が信じられていたところに急に「違うよ、こっち(地動説)が合ってるよ!!」と言われるんですよ!?吃驚だわ!!
フランス革命も今までの階級や財政に不満があった市民が起こした革命です。ちなみに革命のスローガンとしては、
「自由、平等、友愛」
だそうです。まさに水瓶座ですね。


今度の冥王星水瓶座は何が起こるのでしょう?
少し前から地球が球体ではなく、平面(フラットアース)という説がまことしやかに囁かれています。
AIも発達するでしょう、それによる人間の生き方も変化していくでしょう。(このままだと監視社会になるかも?)
様々な「常識」や「階級」がまたぶち壊されているのでしょう。たぶんそうなると思います。





おわり。

*1:実際はこんなことないのですが、地球からみたら元に戻っているように(つまり逆方向に動いているように)見えること。ちなみに太陽と月は逆行しない。

*2:宇宙の中心は太陽であり、その周りを地球が廻っているという説

*3:地球が宇宙の中心であり、その周りを太陽が廻っているという説